お米について 能登の自然の恵みを蓄えた花見月米、 食べてみませんか?

第5回 米-1グランプリで  準グランプリを受賞しました

全国27件県より280品目が出品された「第5回米-1グランプリ」で「みずほの輝き」が厳選なる官能(食べ比べ)審査の結果、準グランプリを受賞いたしました。
決勝大会は北海道蘭越町で行われ、予選審査を勝ち進んだ36品、34名が集結。特別審査員8名と全国からお越しの一般審査員7名の計15名による厳正なる官能(食べ比べ)審査により、産地混合のトーナメント方式で「日本一美味しいグランプリ米」を競い合い、15名の審査員が炊きたてのお米を食べ比べ、「味」や「香り」、「つや」などを審査しました。

photo
photo

ラベルと準グランプリ受賞記念 賞状・トロフィー

豊富な湧き水

花見月米は、眉丈山の清らかな湧き水で育てられます。
養分をたっぷり蓄えた水を使用するため、肥料を無駄に使う事もありません。
眉丈山から田んぼまで水を直接引いているので、100%天然の湧き水でお米を育てています。
この豊富な水資源は、毎年どんな気候でも十分に田んぼに引く事ができ、安定した米づくりができます。

土地の弱点を逆手にとった農法

夜は気温が下がって昼間との温度差が大きい土地ほど旨味成分を引きたてると言われます。
養分豊富な水と水はけの良い土等、おいしいお米づくりにベストな環境を持っています。
また、周囲が山に囲まれており、日本海の潮風害の影響もありません。

【世界農業遺産のお米】 能登は日本初となる世界農業遺産に認定。名実ともに自然の豊かさを証明しています。

弥生時代から受け継ぐ環境

「おにぎりの化石」が発見された弥生時代中期(約二〇〇〇年前)からこの地域ではお米づくりが続けられており、この土地ならではの強みを活かした農法が伝承されています。
この長い歴史で培った知識と技術を参考にし、環境の変化に適応しながら現在の農法を確立しています。

花見月米は、「特別栽培米」以上のお米に こだわって作っているので 大量生産していません。

特別栽培米

農林水産省の「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に沿って栽培されたお米です。

その他試験品種

農林水産省新ガイドラインによる表示

特別栽培米
節減対象農薬:当地比5割減
化学肥料(窒素成分):当地比5割減

《栽培責任者》

農事組合法人 能登花見月
中山 伊知良
所在地:石川県鹿島郡中能登町花見月丁部31番地
連絡先:0767-74-0076

《確認責任者》

農事組合法人 能登花見月
中山 伊知良
所在地:石川県鹿島郡中能登町花見月丁部31番地
連絡先:0767-74-0076

《精米責任者》

農事組合法人 能登花見月
中山 伊知良
所在地:石川県鹿島郡中能登町花見月丁部31番地
連絡先:0767-74-0076

平成30年節減対象農薬の使用状況

石川県の慣行栽培基準は有効成分回数として22回となっています。

平成30年化学肥料の使用状況

使用資材名 用途 使用量
品種毎にオリジナルの特別調合肥料使用 元肥 3.5㎏以下/8kg(56%削減)

当社のお米は県内においても高い削減率です。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。TEL(0767)74-0076 お問い合わせフォーム